三井住友銀行カードローンの延滞料の注意点

三井住友銀行カードローンでお金を借りた場合、当然ながら決められた期日までに決められた金額を返済しなければならず、これを越えると延滞料がかかります。延滞料の注意点としては、当たり前のことですがそれだけ返済する金額が増えてしまうということが第一点です。三井住友銀行カードローンの場合、通常の金利は最大で約15%程度ですが、延滞料にかかる金利はそれとは異なり、約20%となっています。15%という金利は消費者金融と比べても安いはずで、それが三井住友銀行カードローンでお金を借りる大きなメリットの一つになっているはずですが、これが20%となると話が逆転します。20%の金利を支払うのであれば消費者金融でお金を借りたほうが金利は低いはずだからです。せっかく厳しい審査を通過して三井住友銀行カードローンを借りることができたのに、そのメリットを活かしきれないということです。
延滞料のもう一つの注意点としては、単に金利がかかることだけではなく、新たな借り入れなど今後の融資や、限度額の変更に差し支える可能性が高くなるということです。最初にカードローンに申込むときにも審査があり、過去に他のカードローンで返済が滞ったりしたことがないかを審査されているわけですが、ここで延滞を起こすと、将来的な審査に影響するということになります。将来的に例えば住宅ローン、新たなクレジットカードの申込みなどをした場合に、審査落ちする可能性が高くなりますから注意しましょう。